アクセス管理 ヒューマンテクノロジーズ

DigitalPersona:指紋やOTPなどを状況にあわせて切り替えられる認証ソフト

認証ソフトウェア「DigitalPersona」は、エンドユーザーの状況によって認証手段を指定できる。指紋やワンタイムパスワードなどを自動的に切り替えられる。

DigitalPersonaのポイント

  • 指紋やOTP、Bluetooth、ICカードなどを状況にあわせて切り替え
  • Active Directoryと統合、アプリケーションの書き換え不要
  • ノートPCを社外に持ち出した時でも指紋認証は可能

DigitalPersonaの製品解説

 ヒューマンテクノロジーズの「DigitalPersona」は、エンドユーザーの状況によって適切な認証手段を指定できる“コンポジット認証”ソフトウェア。セキュリティを高めたい状況では強固な認証手段、そうでない場合は簡易な認証手段といったことを自動的に切り替える。

編集部おすすめの関連記事

 指紋やワンタイムパスワード(OTP)、Bluetooth、ICカードなどが利用でき、ニーズやシチュエーションによって切り替えることが可能だ。

 OTPでは専用の認証端末が不要、外部からリモートで安全にログオンさせたい場合や緊急時のロック解除として活用できる。Bluetoothでは、登録した端末が通信範囲に存在している場合に認証される。エンドユーザーのそうさがなくても自動的に認証される。ICカードを社員証などに使用していれば、既存資産を活用することが可能。

 クライアント/サーバ、ウェブシステムに対応する業務アプリケーションへの認証を指紋認証、所持認証あるいは自動ログインできる。業務アプリケーションを書き換えることはない。Active Directoryと統合される。

 シングルサインオンも設定できる。Windows標準に従って開発されたアプリケーションに対応できる。ウェブアプリケーションはInternet ExplorerやChrome、Firefoxに対応している。

 iOSアプリと連携して、プッシュOTPでの認証も可能。Windowsのログオン画面でプッシュOTPを選択するとiPhoneに認証要求が送信され、DigitalPersonaアプリが認証要求を受け取って承認することでWindowsにログオンできる。

 クライアント端末を仮想化した環境やシンクライアントでも利用できる。登録された指紋データの画像は保存されない。

 ノートPCを社外に持ち出した時でも指紋認証は可能。管理者のポリシー設定でローカルに指紋データのキャッシュを残すかどうかを許可できる。DigitalPersonaサーバと通信できない環境でも指紋でログオンできるようになる。禁止することも可能。

さまざまに組み合わせられるDigitalPersonaのイメージ(出典:ヒューマンテクノロジーズ)
さまざまに認証手段を組み合わせられるDigitalPersonaのイメージ(出典:ヒューマンテクノロジーズ)
DigitalPersonaのまとめ
用途と機能エンドユーザーの状況によって認証手段を指定できる“コンポジット認証”ソフトウェア
特徴指紋やOTP、Bluetooth、ICカードなどを切り替え。Active Directoryと統合、業務アプリケーションの書き換え不要。SSOも設定可能。Windows標準に従って開発されたアプリケーションに対応
導入企業川重冷熱工業、DeNA、四国電気保安協会、神戸製鋼グループ、ジェイアール総研情報システムなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]