DWH ETL その他データベース ガートナージャパン

速度と種類が増加、場所も分散--複雑化するデータ管理の最適解を探る

データに対する意識が高まっているが、技術の発展で扱えるデータは速度や種類などの側面で増加。加えて、データが発生する場所も分散するようになっている。データ管理の最適解はあるのだろうか?

 ビッグデータという言葉が流通するに連れ、システムが生み出すデータに対する意識が高まっている。データに潜む価値を探りだそうという動きは日本企業でも当たり前になりつつある。

 同時に、技術の発展でシステムで扱えるデータの形や速度も以前と比べて拡大している。ストリーミングデータ処理や複合イベント処理(CEP)などが活用されるようになっている。

 それでは、価値が潜むと期待されるデータをどうやって管理しているだろうか? データを管理する体制や仕組みは混乱しているのではないだろうか?

 ガートナー ジャパンが6月14日から2日間、開催したイベント「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」で米本社バイスプレジデント兼最上級アナリストであるMark Beyer氏が「データ管理の動向:データの収集と接続のバランスを取る」と題した講演でデータ管理の現状と今後取るべき行動を語った。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2260文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]