クラウドストレージ

AOSデータルーム:クラウドで外部との機密情報のデータを保管、共有

バーチャルデータルーム「AOSデータルーム」は、クラウド上で外部との機密情報のデータを保管、共有できる。企業間の合併・買収から資産価値評価、パートナーシップ交渉までをクラウドで展開できる。

AOSデータルームのポイント

  • 日本リージョンにホスティングすることで日本企業のデータを安全に保管
  • 特定ユーザーにドキュメントのアップロードをリクエスト
  • OCR機能で紙の資料も検索対象

AOSデータルームの製品解説

 AOSリーガルテックの「AOSデータルーム」は、クラウド上で外部との機密情報のデータを保管、共有できるセキュアな“バーチャルデータルーム(Virtual Data Room:VDR)”だ。

編集部おすすめの関連記事

 VDRは、ウェブ上に開設され、パスワードなどで認証された者しかアクセスできないデータルーム。企業間の合併・買収から資産価値評価、パートナーシップ交渉まで、重要な戦略的取引をクラウド上などで、関連当事者のみがアクセスできるようにセキュリティが確保されていることが重要となる。

 世界中のどこからでも重要な機密データにアクセスでき、複数の部門やパートナー、顧客、契約先、規制機関で高価値なコンテンツの安全な共有とコラボレーションが可能だ。

 AOSデータルームでは、Amazon Web Servicesを利用し、日本リージョンでデータをホスティング。海外の捜査機関からの捜査に対しても、データを閲覧される心配がない。日本企業のデータを安全かつ低コストで保管、共有できる。すべて企業の資産であるデータをデータ漏洩やデータ紛失、ランサムウェアといったデータ災害などのトラブルから保護してくれる。

 特定ユーザーにドキュメントのアップロードをリクエストする機能を搭載。効率的に情報を集め、共有できるようになる。閲覧用PDFやダウンロードしたPDFに透かしを入れることもできる。「社外秘」などの文字を透かしで入れることでドキュメントの扱いに注意を喚起できる。

 光学文字認識(OCR)機能で紙の資料も検索対象にできる。ドキュメントの文字だけでなく、ドキュメントIDやアップロードされたドキュメントの日付や注釈、文書タグも検索対象にできる。

AOSデータルームのまとめ
用途と機能外部との機密情報のデータを保管、共有するバーチャルデータルーム
特徴AWSの日本リージョンにホスティングして、海外の捜査機関からの捜査に対しても、データを閲覧される心配がない。特定ユーザーにドキュメントのアップロードをリクエストする機能を搭載。「社外秘」などの文字を透かしで入れることでドキュメントの扱いに注意を喚起できる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]