DWH インサイトテクノロジー

Actian Vector:分析向けに設計された列指向データベース--標準SQLに対応

データベースエンジン「Actian Vector」は、BIツールなどの分析で反応速度を向上させることを狙ってゼロから設計された。数億件のデータを数秒でドリルダウンできるという。

Actian Vectorのポイント

  • ベクトル方式を採用、カラムごとの格納構造でディスクI/Oの負荷軽減
  • プロセッサ内部で圧縮することでスループットを最大化
  • OLAPキューブやスキーマ、複雑なデータアグリゲーションが不要

Actian Vectorの製品解説

 インサイトテクノロジーが日本の総代理店となっている「Actian Vector」は、分析向けの列指向(カラムナー)データベース。ビジネスインテリジェンス(BI)ツールなどの分析で反応速度を向上させることを狙っている。

編集部おすすめの関連記事

 分析などのためにゼロから設計された。SIMD(Single Instruction Multiple Data)命令で一度に複数のデータを処理するベクトル方式を採用。カラムごとの格納構造にすることでディスクへのI/O負荷を軽減させている。

 メモリにキャッシュするのではなく、プロセッサにキャッシュすることで処理速度を高めている。プロセッサ内部で圧縮することでスループットの最大化を狙っている。プロセッサのコアを複数活用することでデータを並列に処理する。

 こうしたことから、クエリレスポンスタイムを分単位、時単位から秒単位に短縮できると説明。データベースチューニングも必要とせず、複雑さを取り除き、時間を節約できる。

 数億件のデータを数秒でドリルダウンできるなど、より少ないハードウェアコストでデータからのインサイトをより速く得られるようになる。標準的なSQLが実行可能であり、現在利用しているフロントエンドアプリケーションとも簡単に接続が可能だ。

 高性能であることから、スピーディーに分析基盤を構築できる。失敗リスクが高く、複雑で高価なデータウェアハウスプロジェクトを実施する必要がなくなる。OLAPキューブやスキーマ、複雑なデータアグリゲーションを実施する必要もなく、すぐに分析を始めることができる。

 LinuxとWindowsに対応しており、JDBC、ODBC、.NET、Actian Vector bulk loader、またはActian Vector Hadoopのコネクタを通して、簡単にデータに接続することが可能。

Actian Vectorのまとめ
用途と機能分析向けのカラムナーデータベース
特徴SIMD命令で一度に複数のデータを処理するベクトル方式を採用。メモリにキャッシュするのではなく、プロセッサにキャッシュ。プロセッサのコアを複数活用することでデータを並列に処理

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]