コールセンター・コンタクトセンター インターコム(台東区)

三菱UFJ銀、画面共有サービス拡大採用--金融商品販売のアウトバウンドに活用

三菱UFJ銀行は、実際に対面せずにPC画面を共有できるサービス「RemoteOperator Enterprise」を金融商品を販売するアウトバウンド業務でも採用する。顧客からの問い合わせに対応するインバウンド業務ではすでに活用している。

 三菱UFJ銀行は、実際に対面せずにPC画面を共有できるサービス「RemoteOperator Enterprise」を、個人向けのサービスを提供するリテール部門で採用したと発表した。金融商品を販売するアウトバウンド業務で活用する。対面同様に資料を見せながら商品を説明し、従来店舗への来訪を促していたアウトバウンド業務を変革。顧客の利便性向上を図るという。6月18日、サービスを開発、提供するインターコム(台東区)が発表した。

 デジタル化の進展で、金融業界でも顧客ニーズや取引シーンの多様化が進んでいるという。インターネットバンキングの利用者増に伴い、三菱UFJ銀行の店舗来訪数は減少傾向にあるというが、RemoteOperator Enterpriseの導入で顧客に店舗に来訪してもらわずに金融商品を説明、販売できるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約644文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]