RDBMS IAサーバ インサイトテクノロジー

Insight Qube:用途にあわせてデータベースを選択できるDBアプライアンス

x86サーバ「Insight Qube」は、データベースに特化して設計、製造、データベース専用機として活用できる。Oracle DatabaseやSQL Serverなど搭載するデータベースを選択できる。

Insight Qubeのポイント

  • Oracle DBやSQL Server、MySQLなどに対応
  • チューニングノウハウや最新のハードウェアを組み合わせ
  • ボトルネックの解消策としてSSDの接続規格「NVMe」にも対応

Insight Qubeの製品解説

 インサイトテクノロジーの「Insight Qube」は、データベースに特化して設計、製造されるx86サーバ。ストレージも内蔵しており、データベース専用機として利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 データベースのチューニングノウハウと最先端のハードウェア技術を組み合わせており、更新系のOracle DatabaseやSQL Server、MySQL、MySQL Cluster、参照系のActian VectorやActian Matrix、Actian Vortex、Hadoopなどを搭載できる。

 CPU、メモリ、ネットワークI/O、ディスクI/Oという、システムリソースに関わる4つのボトルネック要素の帯域を広げ、CPU性能を最大限発揮するように設計されている。それぞれのデータベースが持つ特性と顧客のアプリケーションワークロードに合わせて、最適なコストパフォーマンスを提案してくれる。

 搭載されるソリッドステートドライブ(SSD)はSASで接続されるが、最新モデルは、I/Oのボトルネック解消策として接続規格「NVMe」を採用。NVMe準拠の2.5インチドライブのストレージを最大8枚搭載できる。

 限界までチューニングできるノウハウにより、圧倒的なパフォーマンスを発揮。他社のデータベース専用機では、キャパシティに関して購入時に多くのマージンを見込む必要があるが、Insight Qubeのスケールアウトモデルでは物理サーバを1台ずつ追加可能。購入時はスモールスタートし、徐々にパフォーマンスとキャパシティを向上させることが可能だ。

Insight Qubeのまとめ
用途と機能データベース専用機として利用できるx86サーバ
特徴CPU性能を最大限発揮するように設計。データベースが持つ特性と顧客のアプリケーションワークロードに合わせて、最適なコストパフォーマンスを提案。スモールスタートし、徐々にパフォーマンスとキャパシティを向上させることが可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]