経費精算・旅費精算 コンカー

JXTGエネルギー、経費精算SaaS採用--1万人が利用、法人カードとも連携

JXTGエネルギーは、SaaS型の経費精算システム「Concur Expense」を導入した。経費管理にかかる業務を効率化、標準化するとともに、経費の流れを見えるようにしてガバナンスを強化する。

 ガソリンや灯油などの石油製品を生成、販売するJXTGエネルギーは、SaaS型の経費精算システム「Concur Expense」を採用した。従業員の生産性向上を目指す管理基盤を目指し、6月から稼働させる。2020年までに1万人弱となる全社での利用を開始し、その後グループ内に順次展開していくという。6月15日、Concur Expenseを開発、提供するコンカー(中央区)が発表した。

 JXエネルギーと東燃ゼネラル石油が統合して2017年4月に発足、「ENEOS」「エッソ」「モービル」「ゼネラル」などのブランドを展開するJXTGエネルギーは、統合のシナジー効果の実現を目指しており、単体の従業員数は9137人(4月現在)。現在、経営基盤の統合、強化に向けたビジネスプロセスの革新に取り組んでおり、Concur Expenseの導入はその一環になるという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「経費精算・旅費精算」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]