コミュニケーション ウェブ会議 シスコシステムズ

リクルートグループ内に広がるテレプレゼンス--出張費削減でも意思疎通が活発

リクルートグループ内で、テレプレゼンスシステムの活用が広まっている。品質にこだわったことで評価をうけているが、その裏には使いやすい環境構築を心がける、管理する側の気配りがあるようだ。

 リクルートグループは、グループ内にテレプレゼンスシステムを導入。活用が広がっているという。4月11日に開催された「Cisco Collaboration Summit 2018」では、グループ全体の社内インフラを担うリクルートテクノロジーズのITソリューション本部 インフラソリューション本部 社内インフラ6グループの矢崎慎一郎氏が登壇。導入の経緯や効果を解説した。

 リクナビやゼクシィ、ホットペッパーなど、さまざまな種類の情報を提供するリクルートグループ。就職や結婚などの“ライフイベント領域”と、旅行やグルメなど“ライフスタイル領域”に特化して、迷ったときの意思決定を支える情報サービスの提供を目指しているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1989文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]