クラウドサービス コラボレーション

「Hangouts」から「Hangouts Meet」へ--「G Suite」ビデオ会議システムの変更点

「G Suite」の会議システムが「Hangouts」から「Hangouts Meet」に移行する。ここでは、変更点や機能を解説する。

 「G Suite」で「Hangouts」から「Hangouts Meet」への移行が5月に開始された。Hangoutsミーティングのリンクは移行期間中も機能するが、2018年5月下旬以降、G Suiteのユーザーが「Google Calendar」イベントに会議を追加すると、そのリンクはHangoutsではなくHangouts Meetにつながるようになる。

 Hangouts Meetは「Android」「iOS」、デスクトップ版「Google Chrome」ブラウザで利用可能な最新のウェブ会議機能を提供する。目立つように表示されるコントロールを使って、ユーザーはマイクのミュートやビデオカメラのオン/オフを切り替えることができる。標準搭載のチャット機能を利用して、参加者は会議中にメッセージのやりとりをすることが可能だ。

 Meetを使うには、Android版またはiOS版のHangouts Meetモバイルアプリをインストールするといいだろう。デスクトップでは、MeetはChrome内で機能する。GoogleはG Suite管理者に送信した電子メールの中で、「5月の自動アクティベーションに先立って、『Firefox』の次期安定版との互換性が実現する見通しだ。『Internet Explorer』および『Safari』ブラウザ向けのソリューションは、オプトアウトなしの自動アクティベーションに先立って提供される」と述べた。2018年5月下旬、「Firefox 60」にMeetとの互換性が追加された。

 従来のHangoutsからMeetへの移行は、G Suiteの会議体験に影響を及ぼす変更点をほかにもいくつかもたらす。以下で、Hangouts Meetへの移行を支援するヒントをいくつか紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2175文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]