オフィスソフト

「Excel」で計算結果を分かりやすく--予算表で使える3つの工夫

この記事では、「Excel」を使って作成した予算と実費の表に対し、その計算結果を分かりやすくする情報を追加するための簡単な方法を3つ紹介する。

 データにはストーリーがある。データを読めばそのストーリーが見つかるわけだが、意味が分かりやすくなっているとその作業がはかどる。予算のデータはよい例だ。頭の中で値を足し引きして実際の費用が予算内に収まっているのかを確かめているような時間はない。どうせなら、各項目が予算をオーバーしているのかはっきりわかる色や言葉の説明で見てみたい。Excelならそうする方法がたくさんある。この記事では、予算と実費のデータを活用し、その内容を分かりやすくする情報を共有するための簡単な方法を3つ紹介する。

 筆者の環境は64ビット版「Windows 10」の「Excel 2016」だ。利便性を考えて、デモ用の.xlsファイルと.xlsxファイルをダウンロードできるようにした。ブラウザ版のExcelの場合、条件付き書式を使ったルールの追加はできないが、作成済みのルールは使える。「小計」機能も、適用はできないが表示はできる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約762文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 多機能、シンプル管理、サポート面--管理者の「欲しい」を全部入りにしたストレージとは
  2. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  3. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  4. 営業赤字13億円からの黒字回復!老舗企業ゆえに陥った成長鈍化の罠、その脱出劇【事例資料】
  5. 既存のセキュリティ対策は“穴だらけ”─企業の命運は次世代型の防御アプローチにかかっている

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]