マーケティング

凸版印刷、ユーザー分析にプライベートDMP採用--外部データ含めて詳細に分析

凸版印刷は、電子チラシサービスのデータ基盤にプライベートDMPを採用。サードパーティデータを含めて、様々な顧客分析が可能になるという。

 凸版印刷は、提供する電子チラシサービス「Shufoo!」のオーディエンスデータ管理基盤に“プライベートデータ管理基盤(DMP)”サービス「TREASURE CDP」を採用した。ユーザー視点でのデータドリブンマーケティングの必要性を強く感じたためで、ユーザーの回遊状況やコンバージョンの把握が可能になるという。6月13日、TREASURE CDPを提供するトレジャーデータ(千代田区)が発表した。

 Shufoo!は、ユーザーが登録したエリア周辺の大手スーパーやドラッグストア、家電量販店などの店舗チラシを毎日配信するウェブサービス。ユーザーはPCやスマホ、タブレット、テレビなどのすべての端末から最新のチラシを確認できるという。主なユーザーは購買意欲の高い30~40歳の主婦層で、新聞の購読率が減少傾向にあるなか、折り込みチラシに代わるサービスとして月間約1100万人が閲覧。ページビュー(PV)は月間約3.8億で、3700社、約11万店舗が電子チラシの配信プラットフォームとして活用しているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約859文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「HCIってなに?」─いまさら聞けない特徴・よくある質問・効果的な活用法etc…全部答えます!
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]