クラウドサービス コミュニケーション

「Gmail」メッセージを検索して一括削除--不要メールを整理する4つの手順

メールボックスにたまった電子メールの整理は、仕事の効率向上のためだけでなく、ストレージ容量を確保する上でも有効だ。「Gmail」において、不要になった電子メールを効率よく探し出し、削除する方法を紹介する。

 「Gmail」で電子メールを一括削除したいと思うことがあるかもしれない。これにはさまざまな理由が考えられる。たとえば、仕事と無関係の電子メールをアカウントから削除するため、あるいは、自分の生産性向上に向けた取り組みの一環として「インボックスゼロ」を達成するため、といった理由だ。もっとよくある理由は、添付ファイルが占めるストレージ容量を削減するため、だろう。また、「#NoEmail」を追求して、電子メールを永続的なアーカイブではなく、一時的な通信チャネルとして扱うようになる人もいる。

 Gmailでアイテムの一括削除を始める前に、現在の電子メールデータをエクスポートしておこう。これには「Google Takeout」(https://takeout.google.com)を使う。「Select None」(選択を解除)ボタンを押してから、「Mail」(メール)が表示されるまで下にスクロールし、Mailの右側のスライダを動かして「オン」に設定する(一部の電子メールだけをエクスポートすることも可能だ。この場合は、スライダの左側の下向き矢印を選択した後、1つまたは複数のGmailラベルを選んで、それらのラベルでタグ付けされたアイテムをエクスポートする)。

 ページ下部の「Next」(次へ)を選択した後、エクスポートのファイル形式、ファイルサイズ、配信方法を選ぶ。ダウンロードが完了するまで、またはエクスポートした電子メールが保存されたことを確認するまで、削除を開始しないでほしい(注意:「G Suite」を使用している場合、管理者がGoogle Takeoutへのアクセスを無効にできるようになっているため、バックアップについて管理者に相談してから作業を開始しよう)。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3772文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]