SDN/ネットワーク仮想化 NTTPCコミュニケーションズ

NTTPC、SD-WANにセキュアパッケージ--「フレッツ」でアクセス、IPoEで低遅延

NTTPCコミュニケーションズは、インターネットを介さないネットワークで利用可能な「Maser’sOne CloudWANセキュアパッケージ」を7月5日から提供する。フレッツ光でアクセスでき、IPoEで遅延を抑える。

 NTTPCコミュニケーションズは6月12日、WANをソフトウェアで制御する“SD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)”サービス「Maser'sONE CloudWAN」のラインアップを拡充し、インターネットを介さないネットワークで利用可能な「Maser'sOne CloudWANセキュアパッケージ」を発表した。7月5日から提供する。

 同社のサービスクリエーション本部 第二サービスクリエーション部 部長 三澤響氏はIDC Japanの調査結果を用いて、「SD-WAN市場は着実に増加している」と説明。国内市場を見ると2016年は極めて小規模だが、2021年には500億円規模まで拡大。「ネットワークに接続するデバイスやクラウドの増加に伴い、IT部門の負担増が(ネットワーク環境の)見直しにつながる」(三澤氏)と分析し、クラウド時代に準じた拠点間通信の整理など、再設計すべき箇所が増えているという。

 既にグローバルベンダーは多数のプレーヤーが登場し、日本国内でもKDDIやソフトバンク、NTTPCの親会社となるNTTコミュニケーションズもSD-WANサービスを提供中。NTTPCは「日本もようやくグローバルの流れを受け、(SD-WAN)市場が成長しつつある」(三澤氏)と説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1826文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]