コミュニケーション

職場向けデジタル技術、IT部門と非IT部門で異なる満足度--技術に対する自信の有無も大差

ガートナーは、職場で使う各種技術に関するデジタルワーカーの意識調査を実施し、その結果を発表した。それによると、企業内のIT部門と非IT部門を合わせ、自分たちに影響するデジタル技術にかかわる問題を最高情報責任者(CIO)が認識している、と答えた人の割合は50%に満たなかった。

 Gartnerは、職場で使う各種技術に関するデジタルワーカーの意識調査を実施し、その結果を発表した。それによると、企業内のIT部門と非IT部門を合わせ、自分たちに影響するデジタル技術にかかわる問題を最高情報責任者(CIO)が認識している、と答えた人の割合は50%に満たなかった。

 仕事用として提供される技術への満足度は、全体的にITワーカーの方が非ITワーカーより高い。例えば、作業用デバイスに「とても満足している」「完全に満足している」と答えた人は、ITワーカーだと59%いたが、非ITワーカーだと41%にとどまった。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]