人事・労務

高齢のテクノロジ専門家を雇うべき3つの理由

高齢の従業員に対しては否定的な考えもあるが、企業にとってメリットをもたらすことも多いと専門家が指摘している。

 シリコンバレーに年齢差別という問題があることは明らかだ。Visierの調査によると、年齢と共にパフォーマンスが上がるにも関わらず、テクノロジ業界ではジェネレーションX世代の人たちが採用される率は全従業員と比較して33%低く、ベビーブーマーに至っては60%も低くなるという。一方、ミレニアル世代の採用率は50%高まるとのことだ。

 高齢者と技術に対する否定的なイメージと、給与を抑えたいことが背景となり、企業は一定の年齢以上の人を敬遠しがちだ。その年齢というのが驚きで、テクノロジ業界の雇用パターンを調査したカリフォルニア大学デイビス校コンピュータサイエンス学部教授のNorm Matloff氏によると、同業界では55歳ではなく35歳以上を「高齢」とみなすことが多いという。

 テクノロジ業界で働く人材の平均年齢は38歳で、非テクノロジ業界の平均年齢43歳より低い傾向にある。大手テクノロジ企業においてはさらに若い傾向が顕著で、Facebookの従業員の2014年における年齢中央値は29歳で、AmazonおよびGoogleでは30歳だった。Facebookの創業者Mark Zuckerberg氏は以前、「若い人の方が単に頭が切れる」と発言したことで有名だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1725文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]