OS・ミドルウェア

アップル「macOS Mojave」--業務効率化を支援する次期OS:WWDC振り返り(2)

「macOS Mojave」は、Worldwide Developers Conference 2018で発表されたアップルの最新デスクトップOSだ。ファイル管理やスクリーンショット機能の強化など、業務効率化に役立つ新機能を多数搭載している。

 Appleの幹部陣は米国時間6月4日、カリフォルニア州サンノゼで開催のWorldwide Developers Conference(WWDC)2018において、「macOS 10.14 Mojave」を発表した。

 Mojave(モハベ)とは米国の砂漠の名前であり、macOSの名称として山の名前が使われてきたここ数年の流れが明らかに変わっている。Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのCraig Federighi氏は基調講演で、Mojaveのデザインは夜のモハベ砂漠にインスピレーションを受けたものだと述べた。

 まず、Mojaveには、ウィンドウやフォルダの背景を暗くする「ダークモード」が搭載されている。「Xcode」開発者環境にも対応しており、コーディング時に心地よいコントラストが得られる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1569文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]