モバイル AI・機械学習

「iOS 12」で「Siri」が進化--仕事に役立つAIアシスタントに:WWDC振り返り(1)

アップルの「iOS 12」では「Siri」に「Shortcuts」機能が追加され、アプリをすばやく起動できるようになる。WWDC 2018では「macOS」「tvOS」「watchOS」のアップデートも発表された。

 「iOS 12」では、「Siri」が日常的な作業を自動化できるようになり、ビジネスパーソンの効率性と生産性の向上を支えるビジネスAIアシスタントになるだろう。

 Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのCraig Federighi氏は、サンノゼで開催された「Worldwide Developers Conference(WWDC)2018」の基調講演において、iOS 12の開発者プレビュー版が米国時間6月4日にリリースされたことを発表した。iOS 12は「iOS 11」と同じく、「iPhone 5s」とそれ以降のデバイスで利用できる。Federighi氏によると、Appleリリースのサポート範囲としてはこれまでで最大だという。

 iOS 12の「Shortcuts」という新機能により、どのアプリでもSiriにクイックアクションを追加して、すばやく効率的にアクセスできるようになる。たとえば、鍵を見つけるためのショートカットを「Tile」アプリに追加する場合は、「I lost my keys」(鍵をなくした)など、自分で決めたフレーズをショートカットに割り当てておき、Siriにそのフレーズを伝えると、Tileが自動で起動する。基本的に、これによって、アプリを使うのに必要な手順が少なくなる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2329文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]