オフィスソフト

「Excel」で空白行を削除--簡単にできる5つの方法

「Excel」を使っていると、すぐに空白行ができる。外部のソースからデータをインポートしたときや、自分でデータを入力しているときなどにだ。この記事では、空白行を簡単に削除できる5つの方法を紹介しよう。

 「Excel」を使っていると、すぐに空白行ができる。外部のソースからデータをインポートしたときや、自分でデータを入力しているときなどにだ。どのようにして生じた空白行であろうと、削除しておいたほうがいい。Excelでは空白を使って範囲を判定するので、データセットに空白行が含まれていると、Excelの範囲選択機能が期待どおりに動作しないことがあるからだ。この記事では、空白行を簡単に削除できる5つの方法を紹介しよう。

 詳しい説明に入る前に、1つ注意がある。行全体を削除するときは注意してほしい。画面外の見えていない部分にデータが存在する可能性があるからだ。データセット内の空白行を削除すると、その行にあるが見えていないデータも削除されてしまう。

 筆者は、64ビット版の「Windows 10」でデスクトップ版「Excel 2016」を使用している。「1. データの取得と変換」セクションに書かれている手法は、「Excel 2016」でしか利用できない。古いバージョンを使用している場合は、「Power Query」アドインを探して入手してほしい。その他の手法は、古いバージョンのExcelでも使える。ただし、ブラウザ版のExcelではどの手法も利用できない。自分のデータで作業してもいいし、「.xls」および「.xlsx」形式のファイルをダウンロードすることもできる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3055文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]