IDC Japan

SMB向けIT市場、2018年はPC更新需要や消費増税で2.4%増--2020年以降に課題

IDCによると、国内のSMB IT市場はPCの更新需要、消費税増税などで2019年までプラス成長を見込むという。2020年以降は反動もあり低成長率を見込むため、収益拡大を目的としたソリューションの積極的な展開が求められるという。

 IDC Japanは6月4日、国内の999人以下の企業となる中堅中小企業(SMB)IT市場における、2018~2022年の予測を発表した。2018年の市場規模は前年比2.4%増の4兆1229億円を予測。2020年1月の「Windows 7」のサポート終了に伴うPCの更新需要や、消費税増税、軽減税率制度への対応を目的とした関連システムの刷新、改修を見込むという。

 従業員規模別では、2018年のPCの更新需要拡大に伴い各企業規模でプラス成長を見込むが、従業員数9人以下となる小企業、10~99人となる小規模企業、100~499人の中小企業では、サーバ、ストレージ、ITサービスなどのシステム刷新、新規開発に関連する支出は低調すると予測している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約776文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ホワイトペーパーランキング

  1. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  2. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  3. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  4. クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット
  5. サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]