仮想化

共立建設、建物の設計から施工までを担うBIMをクラウドに--仮想GPU活用

共立建設は、従来ワークステーションで活用していたBIMシステムをクラウドに構築する。BIMは取り扱うデータが大きいため、クラウドでの利用は問題があるとされていたが、仮想GPUをベースにしたクラウドで対応する。

 全国規模で建設業を営む共立建設(渋谷区)は、“ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)”環境をクラウドVDIサービス「SSI Ultra VDI Cloud」に構築する。導入時に必要になるハードウェアのリプレースコストや、運用管理にかかる人材確保などの課題を解消。ソフトを利用するユーザーにも柔軟なワークスタイル環境が提供できるという。6月1日、エスエスアイ・ラボ(港区)が発表した。

 BIMは、コンピュータの中に3次元の建物のモデルを作成、コストや仕上げ、管理などの属性データを追加した建築物のデータベースを設計、施工から維持管理まで全ての工程で活用する。一般的には、画像処理能力に優れているワークステーションで使う。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約606文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  2. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  3. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  4. スマホ普及率が71.8%越えに─失敗しないモバイルマーケティングの実践方法とは
  5. DX時代に必須! 「サイバートランスフォーメーション」の要諦

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]