RPA 日本アイ・ビー・エム

荏原製作所、設計図面を電子化してRPAとBPMで業務プロセスを自動化

荏原製作所はRPAやBPMなどを活用して、紙で保管する設計図面を電子化し、そのデータ抽出作業を自動化する。

 ポンプやコンプレッサ、ゴミ焼却プラント、真空ポンプなどを設計、製造する荏原製作所(大田区)は、工場の生産効率向上と自動化を進めるため「IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhere(IBM RPA)」と「IBM Datacap」を採用する。組み合わせることで、紙で保管する設計図面の電子化とそのデータ抽出作業を自動化。工場の生産効率向上を図るという。 日本IBMが5月31日に発表した。

 2017年度から新中期経営計画「E-Plan2019」を進める荏原製作所は、計画の一環で業務の自動化、ロボット技術の導入を進めている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約501文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]