オフィスソフト

「Excel」の「Power Pivot」機能--複数のデータセットにあるデータを統合して分析

「Microsoft Excel」の「Power Pivot」は簡単に使えるデータ分析機能だ。ここでは、同機能を利用して、複数のデータセットにあるデータを統合して分析する方法を解説する。

 「Microsoft Excel」の「Power Pivot」は簡単に使えるデータ分析機能で、使い方はすぐに覚えられるうえ、さらに非常に重要なのは、柔軟で汎用性が高いため、大量のデータやカスタムなニーズに対応できることだ。ちょっとした知識があってきちんと計画を立てれば、熟練のデータベース開発者に頼らなくても、データを意味のある情報に変えることができる。データベース技術に取って代わるものではないが、そうしたリソースのないユーザーには強力なツールになる。おまけに素早い。すぐに結果が得られる。

 「Excel 2010」を使っている場合はPower Pivotをダウンロードしてインストールしなければならないが、「Excel 2013」や「Excel 2016」を使っているなら、すでにパッケージに入っている。筆者は64ビット版の「Windows 10」でExcel 2016のデスクトップ版を使っているが、やり方はそれ以前のバージョンでもだいたい同じだ。「.xlsx」形式のデモファイルをダウンロードしてくれてもかまわない。

 始める前に「『Excel』のデータモデル機能--リレーションシップを使って複数テーブルのデータを統合」を読んでおいたほうがいいだろう。こちらの記事は、2つのデータセットで1つのリレーションシップを作成するプロセスの紹介を通じて機能の基本を説明している。本記事ではその内容をさらに進めて、複数のリレーションシップを作成し計算列を追加する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4373文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を
  3. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  4. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  5. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]