BI Tableau Japan株式会社

資生堂、ダッシュボードで意思決定速度を向上--データ提供の工数を削減

意思決定にデータを活用している資生堂は、ダッシュボード環境を「Tableau」で構築。分析にかかる工数を削減、ゼロになったものもあるという。

  資生堂は、さまざまなデータを集約して表示するダッシュボード「SHISEIDO CMI Data Viewer」にビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Tableau」を採用している。明確な費用対効果の数値化こそしていないものの、水や食料と同じレベルの重要なインフラとなりつつあるという。5月17日、Tableau Japanと共同で開いた会見で成果を語った。

 資生堂では、データの活用を進めるべく2009年に市場情報グループ(Consumer & Market Intelligence:CMI)を設置。定量と定性を含む様々なデータを集約、取締役やディレクターなどの意思決定メンバーにレポートとして提供し、市場規模や成長率、シェアの把握、成長機会の特定などに活用しているという。

キャプション
資生堂の小川氏

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2535文字 ログインして続きを読んでください。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]