BI Tableau Japan株式会社

資生堂、ダッシュボードで意思決定速度を向上--データ提供の工数を削減

意思決定にデータを活用している資生堂は、ダッシュボード環境を「Tableau」で構築。分析にかかる工数を削減、ゼロになったものもあるという。

  資生堂は、さまざまなデータを集約して表示するダッシュボード「SHISEIDO CMI Data Viewer」にビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Tableau」を採用している。明確な費用対効果の数値化こそしていないものの、水や食料と同じレベルの重要なインフラとなりつつあるという。5月17日、Tableau Japanと共同で開いた会見で成果を語った。

 資生堂では、データの活用を進めるべく2009年に市場情報グループ(Consumer & Market Intelligence:CMI)を設置。定量と定性を含む様々なデータを集約、取締役やディレクターなどの意思決定メンバーにレポートとして提供し、市場規模や成長率、シェアの把握、成長機会の特定などに活用しているという。

キャプション
資生堂の小川氏

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2535文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]