PC

日本HP、法人PCサービス強化--機械学習で故障を予兆、予防保全で部品交換

日本HPは、法人向けPCサポートサービスを強化する。中堅中小企業を対象にパートナー経由で提供する。実際の稼働状況を分析し、機械学習に基づく予測分析からデバイスの故障予兆とセキュリティリスクを明確にする。

 日本HPは5月29日、ITデバイス管理の効率化を支援する「HPアナリティクス&プロアクティブ管理サービス」を発表した。5月31日から提供する。基本的な機能を提供する「スタンダード」の税別年間価格は8800円。

 企業内で利用するデバイス数の増加やマルチOS化に伴うIT部門の業務負担を軽減するため、ハードウェアのリアルタイム分析と“プロアクティブ(事前対応)”なデバイス管理機能でIT部門の負担を外部委託し、他の業務へ集中可能な環境構築を目指す。

 日本HPは2016年からPCのライフサイクル管理を含む各種サービスで構成される「HP Device as a Service」を法人向けにPCの直接販売とともに展開してきたが、今回発表したアナリティクス&プロアクティブ管理サービスをパートナー経由で中堅中小企業まで拡大。日本HP パーソナルシステムズ事業本部 クライアントソリューション本部 本部長 村上信武氏は「(サポート内容を)メニュー化で導入しやすく、企業内のデバイス運用管理を容易にする」サービスだと概要を説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1822文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「HCIってなに?」─いまさら聞けない特徴・よくある質問・効果的な活用法etc…全部答えます!
  5. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]