IaaS PaaS 富士ソフト 日本ビジネスシステムズ AWS

迫るEoS--Windows ServerもAWS、富士ソフトとJBSがAWSパートナーに

「Amazon EC2 for Windows Server」に富士ソフトと日本ビジネスシステムズ(JBS)がパートナーとして加わった。Amazon Web ServicesはWindows Serverのマイグレーションに注力する。

 アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSJ)は5月28日、都内でMicrosoft on AWSパートナー戦略の説明会を開催。新たな「AWSサービスデリバリープログラム」として4月に発表した「Amazon EC2 for Windows Server」に、富士ソフトと日本ビジネスシステムズ(JBS)がパートナーとして加わったことを発表した。

 AWSJのパートナーアライアンス本部 本部長 今野芳弘氏は「Microsoftのワークロードでクラウドネイティブは可能。パートナーとともにより良い使い勝手を提案したい」と新たなパートナー戦略に自信を見せる。

 パブリッククラウド業界で存在感を見せつけるAmazon Web Services(AWS)だが、2018年度第1四半期は49%の成長率を誇るという(5月現在)。日本でも10万以上のアクティブカスタマーを持つというAWSJは「現在オンプレミスのシステム環境をクラウド化したいという要望が年々増加している。他方で企業内導入アプリケーションの7割がWindows Serverで稼働し、AWS上で長年Windows Serverが安定運用してきた」(今野氏)と述べ、パブリッククラウドでのWindows Serverの運用性をアピールした。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2663文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. オンプレミスと同じ発想ではダメ!可用性向上にはクラウドならではのアプローチが必要な理由とは?
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]