開発ツール

「Raspberry Pi」より強力なSBCを求める開発者向け--FriendlyELECの「NanoPC-T4」

FriendlyELECの「NanoPC-T4」は、「Raspberry Pi」よりも高性能な選択肢を探しているユーザーや開発者向けのシングルボードコンピュータ(SBC)だ。

 FriendlyELECの「NanoPC-T4」は、「Raspberry Pi」よりも高性能な選択肢を探しているユーザーや開発者向けのシングルボードコンピュータ(SBC)だ。この最新モデルはサムスンの「Chromebook Plus」と同じシステムオンチップ(SoC)を採用しながら、価格はその数分の1だ。

 NanoPC-T4は「Rockchip RK3399」(2.0GHzデュアルコア「Cortex-A72」と1.5GHzクアッドコア「Cortex-A53」各1基を実装したBig.LITTLE構成のSoC)を搭載した100×64mmのSBCで、「Mali-T864」GPU、「4K VP9」および10ビットH.265/H.264ハードウェアビデオデコーダ、4GバイトRAM、16Gバイトのオンボードストレージを備える。そのほかに、ヒートシンク、無線アンテナ、電源アダプタ、アクリルケースがバンドルされて価格は119ドルだ。NanoPC-T4は、Raspberry Piの有名な35ドルという価格と比べてかなり高額だが、Piシリーズはボードのみの販売であり、ケースオプションや電源はサードパーティーのインテグレーターから別途購入する必要がある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2298文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]