クラウドサービス バージョン管理

「Google Docs/Sheets/Slides」でファイルのバージョンを管理--旧版の参照を効率的に

「Google Docs」「Google Sheets」「Google Slides」は全て、ファイルの版(バージョン)に名前を付けて保存できる機能を備える。ここでは、同機能の使い方を解説する。

 「Google Docs」「Google Sheets」「Google Slides」は全て、ファイルの版(バージョン)に名前を付けて保存できる機能を備える。この機能は、必要なファイルの数を減らすのに役立つ。さらに、ドキュメントの以前の版をより簡単に確認することも可能にする。

 版に名前を付ける機能を使用しなければ、多くの場合、似たような名前のファイルが大量に生成されてしまう。例えば、クライアントの1人が、「このイベントに関する最新のファイルを簡単に見つけるには、どうすればいいのか」と筆者に尋ねたとしよう。「Google Drive」を検索すると、「2018 Event」「2017 Event」「2016 Event」「2015 Event」「2014 Event」といったファイルが多数表示された。お互いの改訂版であるファイルが多数存在すると、フォルダやファイル構造がすぐに乱雑になってしまい、必要なファイルを見つけるのが難しくなる。

 しかし、何年もの間、それが普通のやり方だった。私たちは新しいイベントがあるたびに新しいドキュメントを作成したり、既存のドキュメントのコピーを作成したりしていた。新しいイベントは新しいファイルを意味した。毎年変わるのは日付と場所、ゲストスピーカーの情報だけであったとしてもだ。

 現在では、内容が一定期間ほとんど変更されない場合は、新しいドキュメントを別に作成するより、ドキュメントの名前付きの版を作成する方が理にかなっている。これに該当するのは、例えば、定期的に更新されるいくつかのスライドを含む標準的なプレゼンテーションや従業員の経歴、日課のチェックリスト、毎月更新されるスプレッドシート、年次イベントの小冊子などだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2215文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]