安否確認 サイボウズスタートアップス株式会社

事業継続計画、新卒社員で低い理解度--万が一の行動に不安

事業継続計画(BCP)について、防災教育担当者は教育していると認識しているが、新卒社員への浸透度は低い――。サイボウズスタートアップスの調査で明らかになっている。

 サイボウズスタートアップス(品川区)の専門組織である防災総研は、事業継続計画(BCP)に関する認識度の調査を発表した。企業の防災教育担当者、新卒社員それぞれ103人、計206人を対象に調査したところ、防災教育担当者の75.7%が「自社のBCPを新卒社員に教育した」と回答する一方、「自社のBCP内容を理解している」と回答した新卒社員は17.5%と、かい離が出る結果になったという。

 防災教育担当者向けの調査では、BCP教育の有無のほか、緊急時のルール策定、防災備蓄品の準備、把握など6項目を調査。総じて「はい」の回答率が高く、企業の防災意識が高いことが伺えるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約554文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. オンプレミスと同じ発想ではダメ!可用性向上にはクラウドならではのアプローチが必要な理由とは?
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]