ERP SAP

「SAP ERP」保守業務を第三者に切り替えてコスト削減--データ分野に投資

ソーラーフロンティアは「SAP ERP」の年間保守サポートにリミニストリートを採用。削減できる保守費用をデータ分析やサプライチェーン管理に投資していく。

 パネルを開発、販売するソーラーフロンティア(港区)は、SAPが提供する統合基幹業務システム(ERP)の年間保守サポートにリミニストリートを採用した。ベンダーサポートから第三者保守サポートへ移行することで、保守費用の削減と経営効率の向上を図り、データ分析やサプライチェーン管理などの重要な分野への投資を拡大する予定だ。

 親会社である昭和シェル石油のSAP採用に伴い、2010年にERPパッケージ「SAP ERP Central Component(ECC) 6.0」を導入。極力カスタマイズせずに標準機能を最低限のアドオンで利用していたため、システムは安定に稼働し、ベンダーサポートの利用は低頻度。ベンダーに問い合わせてもレスポンスが遅く、回答に数週間かかることもあり、費用に見合うサービスになっていないと感じていたという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「ERP」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]