AI・機械学習 クラウドサービス

グーグル「Cloud ML Engine」で「Cloud TPU」サポート--機械学習モデルの訓練を高速化

グーグルは米国時間5月21日、機械学習モデルの訓練を高速化するため、顧客が「Cloud Machine Learning Engine(ML Engine)」の「Cloud TPU」をベータ機能として使用可能になったと発表した。

 Googleは米国時間5月21日、機械学習モデルの訓練を高速化するため、顧客が「Cloud Machine Learning Engine(ML Engine)」の「Cloud TPU」をベータ機能として使用可能になったと発表した。また、Cloud TPUの割り当てについても、今回すべての「Google Cloud Platform(GCP)」ユーザーが利用可能になったと、同社がブログ投稿で明らかにした

 GoogleのCloud ML Engineを使用することで、企業は「TensorFlow」を用いて、さまざまなタイプや規模のデータセット上で機械学習モデルの訓練および配備が可能になる。「マネージドサービスであるML Engineは、インフラ、コンピュートリソース、ジョブスケジューリングをユーザーに代わって管理するため、ユーザーはデータとモデリングに集中できる」と同投稿は述べている。今回の動きによって、組織は機械学習機能をより効率よく活用できる可能性がある。

 Googleは2017年5月、Cloud ML EngineをTensorFlowのマネージドサービスとして初めてリリースした。これにより、顧客は、分散型の訓練とGPUアクセラレーションによる機械学習ワークロードのスケーリングが可能になったと、同ブログ投稿は述べている。Cloud ML Engineのリリース以来、Googleは「NVIDIA V100」GPU向けのサポートや、デプロイ機能としてのオンライン予測などの機能を順次追加している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約615文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]