データ保護

GDPRの完全遵守が施行までに可能な企業は36%--IBM調査

IBMが先頃発表した報告書によると、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)の遵守期限が近づいているにもかかわらず、自分の会社がそれまでにGDPRを完全に遵守できると考えている企業リーダーはわずか36%にすぎないという。

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)の遵守期限である現地時間2018年5月25日が迫っている。IBMが先頃発表した報告書によると、期限が急速に近づいているにもかかわらず、自分の会社がそれまでにGDPRを遵守できると考えている企業リーダーはわずか36%にすぎないという。

 だからといって、これらの組織がGDPRを歓迎していないわけではない。十分な速さでGDPRの要件を満たすのに苦労しているだけだ。一部の組織はまもなく施行されるGDPRについて、大掃除をするきっかけになると期待している。60%の組織は、プライバシーとセキュリティ、データ管理を向上させる出発点として、あるいは新たなビジネスモデルを生み出す手段として、GDPRを利用すると述べた。

 IBMに代わってHarris Pollが実施した別の調査では、組織が自分のデータプライバシーを守ってくれると信じる米国消費者は約20%しかいないことが明らかになった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約863文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]