コミュニケーション

職場のコミュニケーション手段を変えるZ世代の増加--素早いチャットが主流に

マイクロソフトは、フリーランサーやリモートワーカーとして働く人が増え、デジタルネイティブ世代が働き始めることで、職場環境が大きく変化すると考えている。そこで、コミュニケーション手段や業務用ツールに関する意識調査を実施し、その結果を発表した。

 Microsoftは、フリーランサーやリモートワーカーとして働く人が増え、デジタルネイティブ世代が働き始めることで、職場環境が大きく変化すると考えている。そこで、コミュニケーション手段や業務用ツールに関する意識調査を実施し、その結果を発表した。それによると、ジェネレーションZ(Z世代)と呼ばれる若い世代の人々が職場のチームに加わる影響で、コミュニケーションの方法が大きく変わっていくという。

 世代別の傾向をみるため、世代を4つに分類。各世代の定義はさまざまだが、今回の調査でMicrosoftは以下のように定めた。調査は、7カ国で1万4000人以上を対象に実施。

  • ベビーブーマー(ベビーブーム世代):55歳から59歳
  • ジェネレーションX(X世代):35歳から54歳
  • ミレニアル世代:22歳から34歳
  • Z世代:18歳から21歳

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約906文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]