SDS/ストレージ仮想化 ユニアデックス

ユニアデックス、分散ファイルストレージ--共有フォルダにCIFS/NFSで利用可能

ユニアデックスは分散ファイルストレージサービス「FogStorage」の販売を開始。CIFS/NFSなどのファイルアクセスに対応し、一つのファイルを一定数の断片に分散して保存することで安全性を高められる方式を選択できる。

 ユニアデックスは5月21日、月額利用型の分散ファイルストレージサービス「FogStorage 分散ファイルサービス」の販売を開始した。データの保存先や保存形式の柔軟な選択が可能で、異なるプロトコルでのアクセス運用負担を軽減。バックアップ、高セキュリティ、事業継続計画(BCP)対策を同時に実現できるという。

 ユニアデックスは、現在提供されるストレージサービスの多くがオブジェクトベースとなっている理由のひとつに、特別なコネクタを必要とする技術を用いたサービスが多いと指摘。ファイルベースで利用しようとするとコネクタに処理が集中、ボトルネックが発生する可能性が高く、データ量の増加に伴いパフォーマンスに影響が出るサービスになりやすいという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約703文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]