OS・ミドルウェア セキュリティ

「FileVault」保護された「Mac」ディスクのロック解除--ログインパスワード失念時の対応

アップルの暗号化プログラム「FileVault 2」で保護されたディスクへのアクセスを、「Mac」のログインアカウントのパスワードを忘れてしまった場合に取り戻す方法を解説する。

 データセキュリティはかつてないほど深刻な水準に達している。セキュリティ侵害やランサムウェア攻撃が何十万人もの個人に影響を及ぼし、データ喪失と復旧作業のコストが何百万ドルにも達した、という話を耳にしない日はないように思える。

 Appleの「FileVault 2」暗号化プログラムはデータ(特にモバイルユーザーの機密データ)を保護するベストプラクティスとして強く推奨されている。FileVault 2は、権限を持たないユーザーが「FileVault」暗号化ドライブの中身にアクセスするのを阻止する。

 この機能には問題点もある。Appleは暗号化をユーザーのログインアカウントと関連付けることで、暗号化のセットアップを処理するため、ユーザーがパスワードを忘れてしまったら、復旧キーの物理コピーまたはデジタルコピーを保持していない限り、保護された自分のデータにアクセスできなくなる。全能の復旧キーさえあれば、以下の3つの方法のいずれかを実行することで、読者の皆さん(または、皆さんがサポートを提供している相手)のユーザー認証がうまくいかない場合でも、保護された自分のデータにアクセスできるようになる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2946文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]