経費精算・旅費精算 コンカー

Concur Expense:交通系ICカードと連携する経費精算サービス--紙の領収書不要に

経費精算サービス「Concur Expense」は、経費発生データと直接連携し、モバイルアプリでちょっとした空き時間に経費精算の申請や承認が可能。SuicaやPASMOなどの交通系ICカードにも対応する。

Concur Expenseのポイント

  • 経費発生データと直接連携、モバイルアプリで申請
  • スマートフォン撮影で電子化して突合作業が不要に
  • 交通系ICカードにも対応、運賃や日付をアップロード

Concur Expenseの製品解説

 コンカーの「Concur Expense」は、交通費や交際費などすべての情報を統合できる経費精算サービス。経費分析をはじめ、経費管理の高度化を支援してくれる。経費規程を事前に定義し、不正経費支出を自動検知するため、ガバナンスと透明性の確保にも貢献できる。

編集部おすすめの関連記事

 経費発生データと直接連携し、モバイルアプリでちょっとした空き時間に経費精算の申請や承認が可能。「Concur Travel」からホテルや航空券を手配、モバイルアプリで接待の同席者を登録、領収書をスマートフォンで撮影、コーポレートカードでの支払い対応など、現場部門の利便性も向上する。こうした情報はクラウド上に集約され、経費精算の申請時に自動入力してくれる。

 電子帳簿保存法(e文書法)に対応しており、スマートフォン撮影やスキャナ取り込みで領収書を電子化すれば、Concurでタイムスタンプを付与した後、紙の領収書は破棄することが可能。領収書の糊付が不要となり、紙の領収書と申請内容を突き合わせる必要がない。

 紙の領収書を保管する場所も輸送コストも不要になる。電子化された領収書は経費申請とリンクして検索もできることで監査対応も楽になる。

 SuicaやPASMOなどの交通系ICカードにも対応する。利用した区間情報や運賃、日付が記録され、専用端末で読み込んでアップロードできる。プライベートで利用した時の情報は個別に除外できる。定期の区間内で重複する運賃は自動で控除される。Apple Payなどにも対応する。

 現場部門向けレポートや経費明細レポート、ダッシュボードなど、経費分析から現状を適切に把握レポート機能も用意されている。そのほか、ISO 27001/SOC 1/SSAE16/PCIなどに準拠した、最高レベルのセキュリティもポイントだ。


Concur Expenseサービス概要(出典:コンカー)
Concur Expenseのまとめ
用途と機能交通費や交際費などすべての情報を統合できる経費精算サービス
特徴 経費発生データと直接連携し、モバイルアプリでちょっとした空き時間に経費精算の申請や承認が可能。スマートフォン撮影で領収書を電子化すれば、紙の領収書は破棄可能。SuicaやPASMOなどの交通系ICカードにも対応

「経費精算・旅費精算」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]