オフィスソフト

「Excel」のデータモデル機能--リレーションシップを使って複数テーブルのデータを統合

「Microsoft Excel」は大量のデータを分析できるが、データの収集に「データモデル」機能を活用していない人は、無駄な苦労をしているかもしれない。データモデル機能なら、共通する列を基にリレーションシップを作成して、複数のテーブルのデータを統合できる。

 「Microsoft Excel」は大量のデータを分析できるが、データの収集に「データモデル」機能を活用していない人は、無駄な苦労をしているかもしれない。データモデル機能なら、共通する列を基にリレーションシップを作成して、複数のテーブルのデータを統合できる。データモデルが背後で機能し、ピボットテーブルやその他のレポート機能がシンプルになる。この記事では、2つのテーブルのデータを使ったピボットテーブルを作成する際に、まずデータモデル機能を使って2つのテーブルのリレーションシップを作成し、それからピボットテーブルを作るという方法を紹介する。

 使用するのは64ビット版「Windows 10」上の「Excel 2016」だ。データは各自用意してもいいし、デモ用の.xlsxファイルをダウンロードしてもいい。データモデルが使えるのは「Excel 2013」と「Excel 2016」。「Excel 365」のブラウザ版は、ピボットテーブルには対応しているが、データモデルは利用できない。

シンプルな問題

 さて、あなたは食料雑貨の大手フランチャイズに勤めていて、棚のデータを分析したいとしよう。商品のテーブルをインポートしたところ、商品にはそれぞれ固有の棚コードが割り当てられていて、あなたにはこれがわからない。そこで、説明を含む棚コードのテーブルをインポートした。問題は、この説明をどうやって各レコードに追加するかだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4593文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]