情報漏えい対策 トレンドマイクロ

来週から施行のGDPR、未対応7割--5割が個人情報漏えいを経験

5月25日から施行される「一般データ保護規則(GDPR)」は売上高の4%あるいは2000万ユーロが制裁金として課せられる。トレンドマイクロの調査によると、「十分に理解」しているのは1割、7割以上が未対応という。

 トレンドマイクロは5月17日、5月25日から施行される「一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)」に関する調査結果を発表した。「名前だけは知っている」が28.1%、「知らない」が38.4%で、計66.5%がGDPRを理解していないという結果となった。施行を目前に控え、認知、理解が進んでいない実態が明らかになったという。

 調査は、法人組織の意思決定者と意思決定関与者998人を対象に、「内容について十分理解している」「内容についてある程度理解している」「名前だけは知っている」「知らない」のいずれかを選択する択一方式で実施した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約631文字 ログインして続きを読んでください。

「情報漏えい対策」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]