データ分析 その他データベース

Hortonworks DataFlow:ストリーミング解析を数分で作成できるデータ管理基盤

データ管理統合基盤「Hortonworks DataFlow」は、リアルタイムにデータを収集、分析、配信できる。コードを1行も記述する必要なく、ストリーミング解析アプリケーションを数分で作成できる。

Hortonworks DataFlowのポイント

  • NiFiやKafka、Storm、DruidなどのOSSを活用
  • フォーマットやスキーマなど動的に分散されたソースから収集
  • 1行も書かずにストリーミング解析アプリケーションを数分で作成

Hortonworks DataFlowの製品解説

 ホートンワークスジャパンの「Hortonworks DataFlow(HDF)」は、リアルタイムにデータを収集、分析、配信できる統合基盤。オープンソースソフトウェア(OSS)のデータオーケストレーションツール「Apache NiFi」、分散メッセージングシステム「Apache Kafka」、分散ストリーミングデータ処理プラットフォーム「Apache Storm」、リアルタイムデータ分析ツール「Druid」などをまとめて商用化した。

編集部おすすめの関連記事

 IoTでのデータを流れを安全かつ効率的に収集、操作すると同時に、リアルタイムに可視化、制御、管理できる。フォーマットやスキーマ、プロトコル、スピード、クリックストリーム、ファイル、ログなど動的に分散されたソースから収集できる。

 ソースの調整、ストリームの結合と分割、フローの優先順位付けは管理パネルで管理できる。ユーザー企業のストリームにコンテキストデータを追加することもできる。

 また、即時的かつ連続した洞察ができるのもポイントのひとつ。鮮度の落ちやすい洞察をリアルタイムで捉えるため、コードを1行も記述する必要なく、ストリーミング解析アプリケーションを数分で作成できる。

 プロビジョニングや監視、ガバナンスのための包括的な管理パネルでHDFと「Apache Hadoop」の商用ディストリビューションである「Hortonworks Data Platform(HDP)」のエコシステムを管理するなど、コーポレートガバナンスやセキュリティ、操作のあらゆる面で効果を発揮してくれる。

Hortonworks DataFlowのまとめ
用途と機能リアルタイムにデータを収集、分析、配信できる統合基盤
特徴IoTでのデータを流れを安全かつ効率的に収集、操作すると同時に、リアルタイムに可視化、制御、管理。コードを1行も記述する必要なく、ストリーミング解析アプリケーションを数分で作成

「データ分析」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]