フラッシュストレージ ピュア・ストレージ・ジャパン

FlashArray//X:NVMe対応のエンタープライズ向けオールフラッシュアレイ

オールフラッシュアレイ「FlashArray//X」は、NVMeに対応。ディスク時代のボトルネックを解消し、マイクロ秒単位の低遅延とギガバイト単位の帯域幅を提供する。

FlashArray//Xのポイント

  • NVMe対応でSSD本来のスピードを活用
  • マイクロ秒単位の低遅延とギガバイト単位の帯域幅を提供
  • 99.9999%の可用性に加えてクラウド接続で利便性も向上

FlashArray//Xの製品解説

 ピュア・ストレージ・ジャパンの「FlashArray//X」は、接続規格「NVM Express(NVMe)」に対応したエンタープライズ向けオールフラッシュアレイ。NVMeを採用することでストレージコントローラとの間のI/Oを効率化することになり、ソリッドステートドライブ(SSD)本来のスピードを生かせる。3Uのシャーシで容量は1Pバイト。

編集部おすすめの関連記事

 ソフトウェアで制御するフラッシュモジュール「DirectFlash」とDirectFlashを制御するソフトウェアモジュール「DirectFlashソフトウェア」を搭載している。DirectFlashソフトウェアは同社の独自OS「Purity」に含まれており、フラッシュ管理やウェアレベリング、ガベージコレクションなど通常はSSD内で動作するソフトウェア機能を提供する。

 これにより、大規模SSDのパフォーマンス密度における課題、SASシリアル接続の問題、ブラックボックス状態のSSDの予測不能な遅延問題など、ディスク時代のあらゆるボトルネックを解消。100%NVMe接続のローフラッシュによるパフォーマンス改善で、マイクロ秒単位の低遅延とギガバイト単位の帯域幅を提供する。

 99.9999%の可用性に加えて、クラウドに接続されている点もポイントだ。SaaSベースの監視、機械学習による予測型分析など積極的なサポートを提供。確認を要する場合はスマートフォンに通知が届けられる。プラグ&プレイによってインストールがわずか30分程度で完了する、導入の用意さもポイントとなっている。

FlashArray//Xのまとめ
用途と機能NVMe対応のオールフラッシュアレイ
特徴SSD本来のスピードを活用。マイクロ秒単位の低遅延とギガバイト単位の帯域幅を提供。ディスク時代のあらゆるボトルネックを解消

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]