RPA NTTアドバンステクノロジ NTTデータ 日本電子計算 クニエ

つくば市、RPAを試験的適用--年間で1400時間、400万円を削減できる見込み

つくば市が自治体業務にRPAを適用したところ、3カ月間で137時間を削減。本格適用した場合、年間で約1400時間の作業時間、約370万円相当の時間外勤務手当が削減できる見込みだという。

 つくば市は、ロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation:RPA)の共同研究の成果を5月10日に発表した。1月からNTTデータグループと実施。自治体としてのRPA活用は初めてになるという。3カ月で約137時間を削減できたことから今年度には本格導入を目指すという。

 定められた様式で住民などから申請された内容をシステムへ入力する作業や、他機関からデータで送られた内容を印刷、別のシステムに手作業で入力する作業など、単純で定型的だが煩雑な作業が存在。多くの時間外勤務が発生していたという。民間で活用が進むがまだ公共サービス分野での導入が進んでいないRPAに着目し、「RPAを活用した定型的で膨大な業務プロセスの自動化」というテーマで公募を実施。1月からNTTデータグループと共同で、作業時間の短縮とミスの少ない正確で的確な処理を研究していた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約551文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. アプリプロジェクトを成功させるには?マーケターが把握しておきたいアプリ企画~開発まで

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]