SAN NAS EMCジャパン デル

VMAX 10K Block and File:ブロックとファイルを統合できるストレージコントローラ

ストレージコントローラ「VMAX 10K Block and File」は、仮想環境でブロックとファイルの両方のアプリケーションを統合できる。ストレージ管理を簡素化し、TCO削減を実現する。

VMAX 10K Block and Fileのポイント

  • ハイパーバイザを使用する多数の仮想マシンを同時にサポート
  • ブロックとファイルのワークロードを自動的に最適化
  • ハードウェアベースで暗号化

VMAX 10K Block and Fileの製品解説

 「VMAX 10K Block and File」は、ブロックとファイルの両方のアプリケーションを統合できるストレージコントローラ。ミッションクリティカルなブロックとファイルの両方のワークロードのためのインフラストラクチャを一元化する。

編集部おすすめの関連記事

 独自のアーキテクチャ「Virtual Matrix Architecture」がベースとなっている。拡張性の高いパフォーマンス、シンプルな管理、自動階層化、ローカルとリモートのレプリケーションに加えて、VMwareなどのハイパーバイザを使用する多数の仮想マシンを同時にサポートする能力も備えている。

 NFS上のOracle Database、SMB 3.0上のSQL Server、ホームディレクトリ、Windows Server統合を含む、ブロックストレージとファイルサービスを統合できる。「FAST VP(Fully Automated Storage Tiering for Virtual Pools)」と呼ばれる機能でSLAに基づいてアプリケーションワークロードを割り当て、再配置することでパフォーマンスを最適化する。

 エンジンには、6コアのXeonとキャッシュ、冗長コントローラなどを搭載。19インチのラック1台にエンジンとNASゲートウェイ、最大300台の2.5インチのハードディスクドライブ(HDD)が収容可能。1ラックの容量は240Tバイト。フロントエンド向け接続は、ブロック向けが16のFibre Channel、ファイル向けには48のEthernetが用意されている。

 さらに、Dynamic Host IO LimitでのQoSポリシー設定、ハードウェアベースの暗号化とRSA キーマネージャーによる保護、コンプライアンスのファイルレベルで保存を強制適用、直感的で簡単なストレージ運用管理ツール「Unisphere」なども特徴。

VMAX 10K Block and Fileのまとめ
用途と機能ブロックとファイルの両方のアプリケーションを統合できるストレージコントローラ
特徴ハイパーバイザを使用する多数の仮想マシンを同時にサポート。ブロックとファイルのワークロードを自動的に最適化

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]