オフィスソフト

「Excel」で複数のデータセットを比較--COUNTIFS()関数を使って重複を検出

2つのリストで重複を検出するには、数式や組み込みルールを使うこともできるが、COUNTIFS()関数は簡単で、そういった作業をこなしてくれる。この記事では、COUNTIFS()関数をフィルターや条件付き書式と組み合わせる方法を解説する。

 数式や組み込みルールを使えば、2つのリストの違いをはっきりさせられる。2つのまったく異なるデータセットを比較するのにもその方法は使えるが、COUNTIFS()関数は簡単で、そういった作業をこなしてくれる。この記事では、COUNTIFS()関数をフィルターや条件付き書式と組み合わせる。どちらが自分のニーズにいちばん合うか選ぼう。

 筆者は「Windows 10」で「Excel 2016」のデスクトップ版を使っているが、それ以前のバージョンでも両方のテクニックを利用できる。自分のデータで作業してもいいし、「.xls」「.xlsx」形式の デモファイルをダウンロードしてくれてもかまわない。ブラウザ版でも条件付き書式ルールが利用できるが、カスタムルールは作成できない。

 注記:この記事は、3回連続シリーズの3本目だ。これまでの記事「『Excel』でリストを比較--条件付き書式を使って重複を検出」「『Excel』で複数列のリストを比較--数式を使って重複を検出」も合わせて読んでほしい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2259文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]