クラウドサービス

グーグル「Cloud Composer」--GCPの新ワークフローオーケストレーションツール

グーグルは米国時間5月1日、「Cloud Composer」のオープンベータ版を発表した。Cloud Composerは、Google Cloud Platform(GCP)上で特定のサービスを使ってワークフローの作成やプロセスの自動化を容易にするマネージドサービスだ。

 Googleは米国時間5月1日、「Cloud Composer」のオープンベータ版を発表した。Cloud Composerは、Google Cloud Platform(GCP)上で特定のサービスを使ってワークフローの作成やプロセスの自動化を容易にするマネージドサービスだ。

 同日付のブログ投稿によると、Cloud Composerは「Apache Airflow」をベースとするマネージドサービスで、オンプレミス型のワークフロー、あるいは複数クラウドにまたがるワークフローかどうかにかかわらず、それらのオーケストレーションを支援することが可能だという。GCP管理者が複数の環境にまたがる1つのサービスを用いてワークフローをサポートできるようにする狙いがある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約994文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]