IaaS PaaS AWS

クラウド推進専任チーム“CoE”設立が重要--幹部が語るAWSの現在形

「IT部門は事業部門の要求に対応するだけではなく、自ら事業部門へ“こんな機能がある”と提案すべき」。AWS日本法人幹部がクラウドを推進する専任チームとして“CoE”の設立を提案する。

 クラウド時代のIT基盤を考える時に最初の候補に挙がってくるのがAmazon Web Services(AWS)だ。

 ガートナー ジャパンが4月25~27日に開いたイベント「ITインフラストラクチャ、オペレーション・マネジメント&データセンター サミット 2018」でアマゾン ウェブ サービス ジャパン技術統括本部 エンタープライズソリューション本部 部長 シニアソリューションアーキテクト 瀧澤与一氏が「デジタル化を見据えたエンタープライズIT基盤とは-AWSクラウドインフラストラクチャーの進化」と題したセッションでAWSの現在を語った。

 瀧澤氏によればグローバルでの利用者数は数百万(日本は数十万)を超えるという。明確な数値を示さないのは「今日使っているユーザーが明日解約するかもしれない」(瀧澤氏)ため、同社は前月に使用状況があった無料利用枠を含むAWSアカウント数を「アクティブカスタマー」として数えている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3200文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]