AI・機械学習 ガートナージャパン

過度な期待のピーク--今は“無能”でも「自分で運転」して学んでおくべきAI

チャットボットは「いずれも今日から始められる。インターネット黎明期にウェブブラウザの使い方が分からないのと同じ。会社の方針ではなく自身でトライすべき」――。ガートナーが提言する。

 今は無能だとしても、「自分で運転」しないと始まらない――。

 ガートナー ジャパンが4月25~27日に開催したイベント「ITインフラストラクチャ、オペレーション・マネジメント&データセンター サミット 2018」のセッション「AIトレンド2018」で同社バイスプレジデント兼最上級アナリスト 亦賀忠明氏が人工知能(AI)の現在のトレンドを解説した。

幻滅期に突入し始めたAI

 2017年から盛り上がりを見せたAIブームだが、2018年4月現在の事例数は「日本全体で1000を越える」(亦賀氏)。同社には、チャットボットに関する問い合わせが多いものの、「そろそろ幻滅期に突入し始めた」(亦賀氏)と現状を言い表した。

 当初は高い期待値で始まったが、現実とのギャップが生じ始め、一種のAI離れが起きている。だが、亦賀氏は「スモールスタート、スモールエンドを10年繰り返しても、ビジネスに貢献しない」と強調し、幻滅期の先を見据えた可能性の探索と現在のAIソリューションを試すべきだと連呼した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3382文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]