コラボレーション

効率的で効果的な会議--実現に向けた5つのヒント

時間の無駄につながる会議が好きな人はいないにも関わらず、未だ非効率な会議が横行している。そこで、会議をできるだけ小規模かつ短くし、有益なものにするヒントをいくつか紹介しよう。

 会議については、オフィスでさまざまなジョークのネタになりつつある。果てしなく非効率な時間を費やすことだと言う人もいれば、意味のないプレゼンにあふれ、生産性の低下を招くものだと言う人もいる。ただ、会議はこんなものでなくてもいいはずだ。うまくやれば参加者の力を引き出し、迅速に決断したり、革新的な新しいアイデアを生み出したり、仕事を前に進めたりすることができる。こうした会議にするためのヒントを5つ紹介しよう。

1. 会議が効率化する文化を作り上げる

 会議の運営方法は、職場でのさまざまな事柄と同様、文化的な基準で決まることが多い。スケジュールを職場全員で共有し、ランチの場所を全員参加の会議で決めるような企業では、長時間でとりとめもない一見会議のように見える議論にほぼ全員がどっぷりと漬かっていることが多い。リーダーとして、読者の皆さんの役割は方向性を定めることになる。状況報告やとりとめのない議論程度のことに終始する代わりに、会議を最後の手段とし、メールや1対1および少人数での議論、さらにはカジュアルなディスカッションで解決できない場合にのみ設定するよう指示しよう。最初に「この会議でどんな結果を導き出そうとしているのか」を聞き、そして、会議が明確さに欠けていたり、他の方法でやる方がより良い結果に結びつくと思えたりする場合は終了させる。これだけでも方向性はすぐに変わってくる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1623文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]