コラボレーション クラウドサービス

「Google Keep」のメモを「Google Docs」にコピー--ドラッグ&ドロップを使って素早く

「Google Keep」の内容を「Google Docs」にコピーするために、KeepからDocsにメモをドラッグ&ドロップするという方法を解説する。

 筆者は「Google Docs」と「Google Keep」の両方を頻繁に利用する。全てのドキュメントや書籍の最初の下書きをGoogle Docsで執筆し、To-Doリストやメモ、買い物リストなどの全てをGoogle Keepで管理する。しかし、Keepメモの中身をDocsにコピーして、これら2つのツールを連携させる必要が生じることがよくある。もちろん、定番ショートカットの「Ctrl+C」と「Ctrl+V」を使うことも可能だ。しかし、この現代的な世界では、それよりもはるかに簡単な方法が求められる。幸い、Googleが古き良きドラッグ&ドロップを使って、それを実現してくれた。そう、KeepメモをGoogleドキュメントにドラッグすることは可能であり、かなり簡単である。

 「どうすればGoogle KeepタブからGoogle Docsタブ内にドラッグできるのか」と自問している人もいるかもしれない。その質問にお答えすると、それは不可能である。そういう仕組みにはなっていないからだ。それぞれのタブを別のウィンドウで開いている場合でも不可能である。本記事で紹介する便利なインタラクティブ機能は、最も手軽な方法だ。以下で具体的な手順を解説する。この簡単で素早く実行できるヒントのおかげで、読者の皆さんは既に忙しい1日の時間を節約し、クリック回数を減らすことができるだろう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1133文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ホワイトペーパーランキング

  1. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  2. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  3. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  4. クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット
  5. サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]