OS・ミドルウェア

「Windows 10 April 2018 Update」入門--新たな機能や変更点を知る

「Windows 10」の新たな大型アップデートである「April 2018 Update」の機能や特徴を個人ユーザー向けだけでなく、ビジネスユーザー向けにも紹介する(2018年4月27日公開、2018年5月10日更新)。

 「Windows 10」は進化を続けており、Microsoftが年に2回、新機能をまとめて追加することになっている。

 その最新の機能追加が米国時間4月30日に提供が始まった「April 2018 Update」だ。このアップデートは、当初の予定よりもやや遅れ、予想されていた「Spring Creators Update」とは異なる名称で公開された。

 一般ユーザーが期待できる機能の向上は数少ないが、その中でいちばん興味深いのは、Windows 10デバイスで以前の作業時点に簡単に戻れる「Timeline」だ。一方、IT管理者や開発者は、コマンドラインツールとLinux対応が大幅に強化される。

 もちろん、インストールがこれまでのリリースより高速化するとしても、メジャーアップデートの押しつけを楽しみにしている人ばかりではないだろう。しかし、アップデートを延期する方法はある。

 この記事では、個人ユーザーかIT管理者かを問わず、読者の皆さんがApril 2018 Updateの内容について知っておくべきあらゆること、入手方法、必要なもの、そして、希望する場合は、可能な限りアップデートを延期したい人のためにその方法を紹介している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約6596文字 ログインして続きを読んでください。

「OS・ミドルウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]