AI・機械学習 BI ウイングアーク1st

ウイングアーク1stとグルーヴノーツ、BIとAIを連携

グルーヴノーツの機械学習基盤「MAGELLAN BLOCKS」の処理結果をデータ可視化ツール「MotionBoard」でグラフやチャートで表現できるようになった。

 ウイングアーク1st(渋谷区)とグルーヴノーツ(福岡市中央区)は4月26日、データを可視化するビジネスインテリジェンス(BI)ツール「MotionBoard」と、機械学習プラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS」を組み合わせて活用できることを発表した。

 人工知能(AI)をビジネスで活用する際、分析委託先との業務詳細のすり合わせ、渡すためのデータの加工など、ユーザーにも多くの労力や時間が必要になるという。カスタムメイド開発となるとコストが高額化することも多く、維持費用も発生。コスト面を含めて課題になるケースが増加しているという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]