SAN

VMAX 40K:ワークロードを再配置して性能を最適化できるSANストレージ

SANストレージ「VMAX 40K」はハイエンドモデル。“エンジン”と呼ばれる共通のビルディングブロックを拡張できる。SLAに基づいてアプリケーションワークロードを割り当て、再配置することでパフォーマンスを最適化する。

VMAX 40Kのポイント

  • ワークロードを割り当て、再配置することでパフォーマンスを最適化
  • 他社製ストレージを含む異機種混在ストレージを統合
  • 共通のビルディングブロックを拡張

VMAX 40Kの製品解説

 「VMAX 40K」は、ハイエンドのSANストレージ。独自のアーキテクチャ「Virtual Matrix Architecture」がベースとなっている。Fibre Channel(FC)やFibre Channel over Ethernet(FCoE)、iSCSI、メインフレーム向けのFICONなどをサポートしている。

編集部おすすめの関連記事

 “エンジン”と呼ばれる共通のビルディングブロックを拡張できる。エンジンには6コアのXeonが4個を搭載、合計24コアで動作し、キャッシュメモリは最大256Gバイトが搭載されている。帯域幅は400Gbps。単一システムの最大仕様はエンジンが8個、キャッシュメモリは2Tバイト、帯域幅は3200Gbps。

 ハードディスクドライブは3.5インチで48~2400、2.5インチで48~3200、有効容量は3.5インチで最大4Pバイト、2.5インチで最大2.8Pバイト。MLC(eMLC)フラッシュドライブとの混載にも対応する。

 「FAST VP(Fully Automated Storage Tiering for Virtual Pools)」と呼ばれる機能でSLAに基づいてアプリケーションワークロードを割り当て、再配置することでパフォーマンスを最適化する。論理ユニット(LUN)をサブレベルで細分化して階層化することでIOコストとGBあたりコストを最適化する。

 「Federated Tierd Storage(FTS)」機能は、VMAX管理下で、他社製ストレージを含む異機種混在ストレージを統合する。外部アレイに対するデータ保全性も保証する。

VMAX 40Kのまとめ
用途と機能ハイエンドのSANストレージ
特徴有効容量は3.5インチで最大4Pバイト、MLC(eMLC)フラッシュドライブとの混載にも対応。論理ユニット(LUN)をサブレベルで細分化して階層化することでIOコストとGBあたりコストを最適化

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 企業の8割以上が“紙+手作業”で請求書を発送している実態が明らかに!効率化のアプローチを知る
  4. 既存ビジネスを変革し「第2の創業」も!SaaSで市場を制したリーダー達の経営術とは
  5. “ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的な日常業務を取り戻す

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]